2008年09月20日

フリマの利用!

皆さんも生活していく中で、不用になる物がたくさん出て、処分に困ることがあると思います。

特に家具や家電は「リサイクルショップ」「ネットオークション」で売れればよいのですが、そうでない物は、回収にかなりのお金がかかる場合があります。

しかし「リサイクルショップ」「ネットオークション」以外で、何か処分する方法がないか考えてみたのですが、「フリーマーケット」という方法がありました。私はフリーマーケットに出店したことがありませんので、今後利用すべきかどうか判断する上でも、どういうものか調べてみることにしました。



フリーマーケットについて


1、場所を選ぶ


@何を売るか

公園、デパートの屋上、野球場など様々な場所で開催されていますが、場所を選ぶ重要なポイントは、その場所に集まりそうな人が、自分の商品販売のターゲットになるかです。公園はファミリー層や子連れが多く、玩具や子供服がよく売れます。ただし、都心の公園は若者が多く、洋服はカジュアル、雑貨などが売れます。


A駐車場問題

車で荷物を搬入する場合に、駐車場があるかどうか、仮に駐車場があっても安く利用できるかなどを事前に調べておく必要があります。


B自宅から近いか

フリマは朝が早いので、なるべく近い場所が便利です。



2.出店料

物が売れても出店料が高いと利益になりません。公の機関が主催している場合は出店料が激安か、売上の何%という設定で、売上が自己申告制のため、ほとんどの方が「志」といった感じで支払っているようです。



3.出店予約

日程や場所が決まったら出店予約が必要です。抽選や早いもの順というのが多いので、なるべく早めに予約するのが良いでしょう。また友人と出店すると、店番を交代できたり、出店料の節約にもなるようです。



4.出店当日

開始時間より30分前には到着しましょう。その理由として

@出店場所が、早いもの順や抽選で決まる場合が多い。
Aお客さんが早い時間から来る
B出店開始早々が良く売れる。
C荷物の搬入や商品陳列に時間がかかる。



5.準備について

@商品にはあらかじめ値段を付けておく。
A衣類は1点ずつビニールの袋に梱包しておく。
B玩具、食器、雑貨などは、箱に入れておく。
C釣銭を用意しておく。
D袋をたくさん用意する。


その他持参する物

レジャーシート、筆記用具、はさみカッター、電卓、ガムテープ、ハンガーボールなど



6.値段の設定について

値段を付ける場合は、未使用で定価の1/2、中古品で定価の1/5が目安だそうです。ただし、中古品はその状態によって判断することも必要であると思われます。

ポイントは売りたい値段より若干高めに値段を付け、値下げしていくことです。お客に必ず値切られ、また、値下げしないと売れないそうです。




かなり、手間がかかりそうですね。

自分で商売するのも面白いと思いますが、ちょっと大変そうなので、出店するかどうかは考えてしまいます。


参考にさせて頂いたページ

http://homepage2.nifty.com/ronpi/furima.html



















posted by ドリームワールド at 12:10| Comment(0) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。